風水を取り入れてみるのも良いですね

印鑑の種類イメージ

印鑑を作る時、印鑑のサイズにも注目したいところです。
もちろん、好みや、押しやすさなどにもよりますが、一般的なサイズを紹介しておきます。

『男性の場合』

  • 認印10.5mm~15mm
  • 銀行印12mm~18mm
  • 実印15mm~24mm

『女性の場合』

  • 認印9mm~13.5mm
  • 銀行印10.5mm~15mm
  • 実印13.5mm~18mm

一般的には、こういったサイズを選ぶそうですが、実印を一番大きくし、次に銀行印、認印という順番にサイズに変化をつけることもあります。

それは、迷信なども含まれていますが、区別が付きやすいようにという、ちょっとした工夫から生まれたそうです。

最近では、男女関係なく、サイズの大きい印鑑を持つことで、出世するとか、力強さが増すなどと言われているので、あまりこだわってはいないようです。

ですが、会社に勤めている人だと、上司よりも大きな印鑑を使うということは非常識だとされており、夫婦の間では、夫より妻が大きい印鑑を作って、持っているということは、夫婦間のバランスが悪くなるとも言われていますので、やはり、女性は控えめなほうがいいのかもしれませんね。

他にも、銀行印を作る場合、大きさだけではなく、普通なら縦書きで名前が彫ってありますが、横書きにしてもらうというパターンがあります。

これは、風水を取り入れているのですが、お金が流れていかないようにという、一つの願掛けのようなものがされていることがあります。

占いなどを信じる人であれば、こうしたものを取り入れて、印鑑を作ってみるといいでしょう。

〔印鑑のHot☆Topic〕

ネイルアートのようにデコレーションされた印鑑が大人気!
スワロフスキー・パール・花など、3D加工が施された印鑑を、豊富に取り揃えています。

デコ印鑑を今すぐチェックする!

ページの先頭へ